知っておきたい!少人数ウェディングの特徴とメリット

「少人数ウェディング」とはどんなものか

結婚式というと、大人数の参列者が集まって行われるのが一般的でしょう。しかし最近では、比較的少人数で行われる「少人数ウェディング」も人気があります。少人数ウェディングは、両親や親類、そしてごく親しい友人などに参列者を限定するという特徴があり、人数については、身内だけで行う10名以下の場合から、友人なども呼んで行う30~40名程度の場合まであります。また10名以下の場合については、新郎新婦の二人だけの場合や、新郎新婦に両方の親を加えただけで行う場合などがあります。

アットホームな結婚式

少人数ウェディングのメリットとしてまず挙げられるのは、少人数のためアットホームな雰囲気で結婚式ができるということです。より少人数の場合であれば、新郎新婦と参列者が一つのテーブルを囲みながら食事や会話をすることが可能であり、和気あいあいとした気分で時間を過ごすことができるでしょう。さらに、参列者は親しい人たちばかりなので、大人数の一般的な結婚式のように気を使わなくて済むということもメリットだと言えます。

費用を安く抑えることができる

少人数ウェディングのもう一つのメリットは、費用を抑えることができるということです。結婚式の費用は、主に参列者の人数によって変わるため、人数が少なければそれだけ費用も安く済ませることが可能になります。80名以上という大人数の結婚式では300万円以上もの費用が必要になると言われていますが、少人数ウェディングの場合であれば100万円程度の費用に抑えることができます。また、少人数ウェディングは参列者が身内だけので、必要以上に豪華にする必要もないと言えるでしょう。

ゲストとの距離が近くて、温かい結婚式なら親族のみが良いと考えて、親族だけで行う結婚式を行う人たちがたくさんいます。